健康診断で異常値が…コレステロールが高い原因とは

毎年、受信する健康診断は体のチェック

健康診断を受ける機会はとても多くあり、毎年決まった時期に医療機関にて
受診するという方も多いことと思います。

診断結果が出ると様々な数値が記載されており、正常な値に収まっている
ことで安心感を与えられます。

結果を知るまでは落ち着かない気持ちの方も多く、病気が発見されたり生活
の見直しを検討しなければならないことに不安を感じることも多くあります。

診断結果にて正常な値の範囲を超えてしまいがちなのがコレステロールとな
っており、高いコレステロール値となると生活習慣病にかかりやすくなり様
々なリスクを感じるようになってしまいます。

このような結果となってしまった際には生活習慣や食生活を見直して、
健全なものへ改善を行っていくことが必要となります。

コレステロールの値が高い方の多くは、塩分や脂質を過剰にとってしまうこと
が多く野菜が不足しがちです。

油っぽく味の濃い食事を好む傾向が強く、サラダや煮物などで野菜を食べる
機会も好くなっていることが多くなっているため、偏った食生活となっている
ことがとても多くなっています。

乳酸菌はIGE抗体値に異常が出た場合も効果があります。

数値の改善を検討するのであれば野菜中心の食事で脂質や塩分を抑えていくこと
が望ましくなります。
また調味料についても脂質を多く含むものを少なくしたり、コレステロールの溜
まりにくいものを使うなどして工夫をすることが必要となります。

このような栄養バランスの良い食生活を意識して適度な運動を行うことによって、
コレステロールの値を下げていくことができるようになります。

またこのような高い値となってしまった原因をしっかりと理解することによって、
今後より健康的に生活をおくっていきやすくなるので、医療機関等でしっかりと
相談をして生活習慣の見直しをすることはとても重要なこととなります。

生活習慣の見直しには家族の協力も必要となるため、しっかりと家族みんなで
健康診断の結果に対して適切に向き合っていくことも大切なこととなります。