静かに進行、コレステロールが高いとなる病気とは

高コレステロールは動脈硬化を招く

コレステロールは脳、脊髄、神経線維などの神経組織や、
肝臓をはじめとする様々な臓器にも存在しています。

細胞を取り囲む細胞膜の主な成分であり、胆汁 、ステロイドホルモン、
ビタミンDなどを合成するなど、体に必要な必須要素でありますが、
数値が高くなると様々な病気の原因になります。

しかし、高血圧のように数値が高くなっても、特に自覚症状がない点が
コレステロールの潜在的な危険性であります。

体内で生合成され、肝臓で作られたコレステロールの80%は胆汁に変わり、
残りは血液中に入って複数の臓器に運ばれます。

また、食物を介して摂取された分は小腸の粘膜から吸収され、
血液中に入ります。

コレステロールLAB


このように、コレステロールは2つの経路を介して生成されますが、
体内で適当な濃度を維持するために、相互に影響を与えています。

つまり、食品を介して多く摂取すると、肝臓で合成される量が減ることになります。

しかし、血液の中で不適切な濃度で存在することになると、
脳卒中や心臓病などの心血管疾患が発生します。

また、血液中のコレステロール値が高くなると、動脈硬化を引き起こすことにな
ります。

血液中に脂質の成分が血管の内壁に蓄積すると、血管が狭くなり、
動脈が硬くなると、血管の損傷が起こります。

動脈硬化が起こった血管は円滑な血液循環を妨害し、動脈硬化の合併症である
脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などの病気を引き起こす恐れがあります。

血管壁に溜まる脂質成分が多くなって血中コレステロール値が異常に高くなるほど、
合併症が発生する危険も高くなります。

コレステロールは食べ物を介して摂取するよりも、体内で合成されることが多いです。

治療方法としては、食事療法も十分に効果的な予防と治療法になりますが、
高脂血症は遺伝的な影響が大きいので、体質的にコレステロール数値が
高い患者は薬物療法も必要となります。

しかし、薬物治療をしても、食事の調整??や運動療法は必須であります。