薬には副作用あり!コレステロールを下げる副作用とは

薬によっては悪影響の出る薬もある

コレステロール値が高いと様々な病気を引き起こしますので、
医療機関で適切な治療を行う必要があります。

コレステロール値が高くなる原因はいろいろありますが、
基本的には生活習慣病の一種となります。

ですから基本的な生活習慣を改善することが重要ですし、
食生活の改善や運動を行うなどで治療が進められていきます。

しかし高齢化や体力の低下から運動が困難な場合もありますので、
薬でコレステロールを下げる治療が行われているのです。

薬を服用することで得られる効果は、肝臓でコレステロールを作らないようにす
るものや、腸において吸収させない効果をもつものがあります。

肝臓で作らないようにするものはスタチン系、腸で吸収させない効果を持つものは
フィブラート系となります。

服用することで悪影響が必ず出るとは言えませんが、影響が出ているものもあり
ますので、服用にあたり用法・用量は医師の指導の下に確実に利用することが大
切です。

コレステロールLAB


スタチン系の薬には横紋筋融解症が副作用として知られていますが、
ふくらはぎが痛んだり茶褐色の尿が出るという症状があります。

主に手足の筋肉の痛みやだるさ、脱力感が発生することがあります。

茶褐色の尿が出る原因は、筋肉の成分が血液や尿に排泄されることによりますが、
放置して重症化すると腎臓にも悪影響を及ぼすことになります。

ほとんどの薬には必ず目的以外の悪影響を引き起こす恐れがありますが、
使いかたや体質、病状によって発生したりしなかったりといった個人差が出てく
るのです。

治療中に副作用と思われる症状が出た場合には、
速やかに医師の診察を受け治療方法や方針を変えていくことが大切です。

コレステロールが高いと重大な病気に繋がりやすくなりますが、
自覚症状が無いために重症化しやすいという特徴があります。

高脂血症や動脈硬化など命に係わる病気との関係が強いため、
コレステロール値が高い場合には自己流の改善策ではなく、
医師の診察による正しい治療方法を採用することが大切なのです。